• トップ /
  • 歯科で入れ歯を作りたい

入れ歯のデメリットの紹介

歯科で入れ歯を作りたい

歯科での治療について

虫歯や歯槽膿漏で歯が抜けてしまったら、食べ物が食べられなくなってしまいますので、早く対策を考えなければなりません。歯科では、インプラントか入れ歯を薦められます。インプラントは取り外しがいらないので便利ですが、保険適用外で高額な費用が掛かります。数百万掛かる事も珍しくありません。また、歯科ではすべての人がインプラントを出来る訳ではありません。ボルトを歯茎に埋め込まなければいけないので、歯茎の状態によっては出来ない人もいます。歯科では、入れ歯は比較的安価に作る事が出来ます。型を採って自分に合った入れ歯を作れます。入れ歯が出来たら、噛み合わせをチェックしてもらい完成です。手入れ方法なども歯科で教えて貰えます。入れ歯のメリットは、簡単に作れ、保険適用出来るので数万程で作れる事です。デメリットもあります。デメリットは使用中に外れてしまう事があるという事です。また取り外しをして、きちんと消毒をしないといけません。消毒を怠ると、口臭の原因になってしまう事もあります。この様なメリットとデメリットがありますので、きちんと理解した上で作ると良いでしょう。歯科で治療してもらい、美味しく食べ物が食べられる様にしましょう。

↑PAGE TOP

Menu