• トップ /
  • 歯を抜いたあとの歯科での治療

抜歯後の対策と治療方法

歯を抜いたあとの歯科での治療

欠損数が多ければ歯科で入れ歯を

一番奥の歯を虫歯治療などにより歯科で抜歯した場合、かみ合わせに悪影響がなければあえて抜けたままにしておくということがありますが、それ以外の歯を抜歯した場合は、ブリッジを入れるか入れ歯を入れるかということになります。では、ブリッジではなく入れ歯を選択した場合のメリットにはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、一番大きなメリットは負担が軽いということです。ブリッジにした場合、抜いた歯の両側の歯を最低でも二本、歯科で削らないといけません。健康の歯でもブリッジをはめるためにかなり小さく削ることになります。しかし、入れ歯であれば歯を削らなくてもはめることができるので、金銭的にも精神的にもブリッジと比べるとかなり負担が小さいです。二番目のメリットとして、抜歯した歯の本数が多い場合でも保険適用の歯科治療で対応できるということが挙げられます。ブリッジの場合、歯の欠損数が多いところに入れようとすると、保険が適用できず、自由診療となってしまい治療費が高くなってしまいますが、入れ歯ならその心配はありません。生えていた歯がほとんど駄目になってしまい、全損に近いような状況の高齢者であれば、あえて残っている歯を歯科で抜いて総入れ歯にするメリットはかなり大きいです。

↑PAGE TOP

Menu